JMAS(JMA SYSTEMS Corporation) JMAS(JMA SYSTEMS Corporation)
2019年07月16日

人作業の予定と実績を現場で手軽に確認・報告「WorkReport」

作業現場の状況を“リアルタイム”に把握・共有

皆さん、こんにちは。ジェーエムエーシステムズ(以下、JMAS)で、Beacon(ビーコン)を活用したIoTサービスを担当している菅原です。

このたび、“人作業の予定と実績を現場で手軽に確認・報告できるスマートフォン向けアプリ『WorkReport』”がバージョンアップしました。

【WorkReport】人作業の予定と実績を現場で手軽に確認・報告

これまでの『WorkReport』は、作業員が『WorkReport』に記録した内容を一定期間で集約し、そこから現場の状況・把握をしていたため、リアルタイムで臨機応変に現場を動かすことができませんでした。

しかし、新バージョンの『WorkReport』では、モバイル通信の特性を活かし、データを即時にクラウドへ送信することができるため、リアルタイムに現場の状況を把握・共有することが可能になりました。

今回のコラムでは新たに追加されたリアルタイムログ収集機能と、そのほか複数の便利な機能を紹介したいと思います。

リアルタイムに現場の状況を把握・共有

リアルタイムログ収集機能の実装により、現場全体の作業内容や進捗状況を一括でリアルタイム管理ができます。また、ビーコンとの併用により、操作なしで記録を取ることも可能です。

【管理Webシステム】リアルタイム現場ダッシュボード イメージ【管理Webシステム】リアルタイム現場ダッシュボード イメージ

収集したログからは作業の進捗具合の把握や稼働率などのデータを取得することができます。取得したデータから適切な作業指示や要員配置など、リアルタイムで軌道修正することが可能です。

■収集できるデータ(一部抜粋)

  • 案件/製品/工程収支管理
  • 個別原価計算
  • 連合作業の総合効率分析
  • 最適工程設計
  • 進捗把握
  • 最適作業計画
  • 稼働率/方法改善 など
【管理Webシステム】リアルタイム予実ガントチャート イメージ【管理Webシステム】リアルタイム予実ガントチャート イメージ

■こんな方におすすめ

  • 要員稼働や投入工数を正しく把握して、要員/工数/原価を適正化したい
  • 稼働率やロス構造をより密に把握して、生産性改善、収益力向上を追求したい
  • 作業進捗をリアルタイムに把握して、適切な作業見積/指示/調整を行いたい

そのほか追加された機能

今回のバージョンアップの目玉はリアルタイムログ収集機能ですが、そのほかにも便利な機能を複数追加しましたのでご紹介します。

  • ビュー切り替え機能
  • ドロワーメニューから「カードビュー」「スケジュールビュー」「タイルビュー」へ素早い切り替えが可能です。

  • 通知機能
  • プッシュ通知により、作業の開始と終了それぞれに対して定時、5、10、15分前に通知を出すことが可能です。この機能が備わったことにより、作業予定のリマインドを通知することが可能になりました。

  • 実績数量、メモ記入
  • 作業開始前にその日行う作業数量を設定し、終了時にどれぐらいの数量が終わったのか実績を入力することができます。また、作業中の不備や気づいた点などをメモに残すこともできます。

  • 作業中の実績閲覧
  • 作業予定では、1日の作業予定を細かく確認することができます。実績閲覧では、作業内容の進捗具合を確認できます。また、ビーコン検知による、ログも見ることができます。

    WorkReportを導入する3大メリット

    1. 位置情報センサのBeacon(ビーコン)で、自動的に位置情報の取得が可能
    2. スマートフォンを持ったユーザーがビーコンエリアに入ると、ビーコンIDに紐づいた場所情報が自動で記録されます。

    3. モバイルアプリの1タップ操作で、“いま”“何を”しているかの報告共有が可能
    4. 予定された作業を選択しタップするだけで、作業の着手、完了状況を簡単に報告共有できます。生産工程の中間状況がリアルタイムに把握できるので、作業進捗の遅れや、後工程を担当するチームとのコラボレーションで段取り、引継ぎロスを低減できます。

    5. 機器データとの連動でタイムリーな作業指示が可能
    6. IoT機器で取得した生産設備の状態をトリガーに、WorkReportへの通知を出すことができます。例えば、設備の異常停止を離れた場所にいる作業者に通知することで、ダウンタイムを最小化できます。モニター画面の前に縛られることなくフレキシブルに行動できます。

    おわりに

    今回、新バージョンへアップグレードされたことで、より正確かつリアルタイムな情報共有が可能となりました。『WorkReport』のリアルタイム機能で、チームとチーム、装置と人のデータをシームレスに繋いだ新しい製造現場の仕事を実現します。

    無料トライアルも実施していますので、まずは一度、実際の現場でお使いいただき、マッチする製品であれば導入検討してみてはいかがでしょうか?

    ご興味がありましたら、ぜひJMASにご相談ください。
    ■お問い合わせはこちら

関連製品