企業情報COMAPANY

お客様の業務にきめ細かく適合するために。
経営の視点に基づいた情報基盤構築に向けて。

日本能率協会グループジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、日本能率協会として活動していた時代を含め40年以上にわたり、「経営革新推進のための情報システム化パートナー」として、情報システムの構築に数多くの実績を蓄積し、顧客企業の信頼を得てまいりました。

いま企業の情報システムは、業務支援レベルの「効率型システム」から意思決定支援レベルの「分析システム」、さらにネットワークレベルの「戦略型システム」へと革新を続けております。そして、その基軸となる情報資源の分散・統合、環境のオープン化・ネットワーク化の進展と共に、新しい時代に対応して変化しております。

JMASの活動も、多様な革新や変化の段階に対応して、技術研さんに努めるとともに、現実の事業サービスを通じて、実戦的ノウハウを充実してまいりました。

こうした実績をふまえて、JMASは常に時代を先取りした“オンリーワン”のシステム・インテグレーター企業として、マネジメントの視点で「お客様の真のニーズを把握し、お客様にとっての最適なサービス」を一貫して提供してまいります。

取締役会長丸尾 健司

取締役会長 丸尾 健司

高度な技術力と伝統の企業風土で、
常に最新の技術に挑み続ける専門家集団へ

JMASの強みは、ミドルウェア開発や、金融機関のお客様にミッション・クリティカルなシステムを提供してきた経験を通じて蓄積した確かな技術力にあります。インフラ基盤、ミドルウェアから業務アプリケーションまで、システムの全体像を正確に把握することで、機能面だけでなく移行や運用まで、リスクを踏まえたシステムの提案、提供を行うことができます。

これらは、創業以来数多くのお客様に支えられて得ることのできた実績で、JMASの伝統であり資産です。この貴重な資産を受け継ぎ、高い専門性を持つエンジニア集団は、新しい技術への対応も積極的に行っています。われわれには豊富な経験とノウハウを持つベテランと、最新の技術を素早く身につけた若手が刺激を与え合い、自由な発想を出し合い、新しい分野へ技術を展開する環境があります。

IT技術の発達は目覚ましく、お客様のシステムにおけるニーズも日々変化してきています。われわれは確かな技術と自由な発想力を活かし多角的な視点でお客様の課題に取り組み、先進的なシステムと最高のサービスを提供する集団であり続けられるよう、個々の能力と組織としての対応力を磨いてまいります。

代表取締役社長坂倉 猛

代表取締役社長 坂倉 猛