JMAS(JMA SYSTEMS Corporation) JMAS(JMA SYSTEMS Corporation)
2019年05月10日

BtoB EC担当者が活用方法をご紹介

BtoB EC 成功の要因とは

皆さん、こんにちは。
ジェーエムエーシステムズ(以下、JMAS)で、「BtoB EC」を担当している星です。

4月22日(月)、23日(火)に日本流通産業新聞 主催「ダイレクト・マーケティング・フェア2019 通販・EC EXPO」が開催され、延べ6,000名規模の方が来場されたようです。

本イベントのセミナーでは私も、「企業間取引のシステム化(BtoB向けECシステム)の実績から得た、課題背景と成功要因」をテーマに講演しました。

【セミナー講演】
企業間取引のシステム化(BtoB向けECシステム)の実績から得た、課題背景と成功要因

▼アジェンダ
  1. 企業間取引のシステム化(BtoB EC)とは
  2. BtoB ECを加速させる要因
  3. EC化がもたらすこと
  4. 事例紹介
  5. 事例から学ぶ成功要因

▼セミナーで紹介した成功事例
【事例1:某アパレルメーカー様】
 業務拡大、効率化のために「人手に頼った受発注業務」をシステム化
【事例2:某事業企画・運営会社様】
 BtoBマーケットプレイスを提供し、仕入先と販売先をつなぐシステムの早期構築
【事例3:某企業向け通信教育販売会社様】
 利用メリットを高める既存システムの刷新

これら3社の成功事例から、BtoB ECを成功させるために必要とされる3つの要因が浮かび上がってきました。

▼事例から学ぶ3つの成功要因

  • 既存の業務フローとシステム化のバランス
  • 目の前の課題解決と将来像のバランス
  • 取引先への適用範囲と拡大スピードのバランス
星 正輝

【ブース出展】
『2nd STEP』『2nd STEP 受発注サービス』についてご紹介

JMASは2日に渡ってブース出展も行い、『2nd STEP』『2nd STEP 受発注サービス』についてご紹介しました。

ダイレクト・マーケティング・フェア2019 通販・EC EXPO

2nd STEP』は、企業間取引におけるさまざまな業務を電子化・自動化し、お客様のビジネスを“次のステップ=2nd STEP”に導くサービスです。

企業間取引に特化した受発注サービスをはじめ、基幹システム連携/導入、配送/決済連携、データ分析/データ基盤の導入など、お客様のビジネスを2nd STEPへ導くサービスをトータルで提供します。

▼『2nd STEP』のサービスラインナップ(一例)

  • 受発注サービス
  • 基幹システム連携/導入サービス
  • 業務負荷軽減の支援サービス
  • 配送/決済連携サービス
  • データ分析/解析基盤導入サービス

■『2nd STEP』の詳細はこちら

2nd STEP 受発注サービス』は、2nd STEPのサービスの一つです。仕入先や販売先との取引における受発注業務を電子化・自動化するためのWeb受発注システムを提供します。
企業間取引(BtoB)に必要な複数のサービスや機能を柔軟に組み合わせ、自社のビジネスにフィットするWeb受発注システムを利用できることがメリットの1つです。
電話やFAX、メールなどを介して行ってきた煩雑な受発注業務から解放され、より本質的な業務にリソースを集中できます。

▼『2nd STEP 受発注サービス』はこんな方にオススメ!

  • 電話・FAX・メールでの受発注業務に多くのリソースがとられる
  • 会社独自のルール・フローを崩さず、企業間取引をシステム化したい
  • できるだけ導入コストを抑えつつ、短い期間でシステム化を実現したい

■『2nd STEP 受発注サービス』の詳細はこちら

おわりに

当日、JMASのセミナーやブースに足をお運びいただいた皆さま、誠にありがとうございました。
JMAS以外の多くの企業様が様々なテーマで講演やブース出展をするなか、予想よりも多くの方にご来場いただけて、心より感謝しています。

『2nd STEP 受発注サービス』について気になった点や、ご相談があればぜひ、お気軽にJMASへお問い合わせください。

お申込みバナー

関連製品