Windowsタブレット・スマートフォンを活かすビジネスアプリ

Windowsタブレット・スマートフォンの逆襲!!
ビジネス必須ツールとして導入のポイントは!?

Windowsタブレット・スマートフォンの逆襲!!ビジネス必須ツールとして導入のポイントは!?

流通業界で75%以上の企業がタブレットを導入

今後必須のビジネスツールとして、急速に普及が進むタブレット端末。その利便性の高さから、クラウドサービス同様に多くの企業で導入されています。とくに小売や卸売などの流通業界、さらには金融業界での利用が劇的に増加しており、コンピューターソフトウェア会社の統計によると自社OSを導入している企業の6割近くがタブレットを導入し、流通業界ではその数字が75%以上にも跳ね上がるといいます。やはり接客時や対面販売時に、商品を効果的かつスムーズに紹介できるツールとして非常に重宝されているようで、もはや流通業界の業務システムやワークフローは、タブレットの使用を前提にしていると言っても過言ではないでしょう。

コストや利用者の慣れなど、ビジネス用に強いWindows

参入するOSも増えたことで、ユーザーにとっては使用するタブレットの選択肢が広がりましたが、中でも特に注目したいのがマイクロソフトのWindowsタブレット・スマートフォンです。ビジネスユースとして検討する上で、重視すべきポイントとして「セキュリティ」「運用管理」「既存資産の活用」が挙げられますが、この3点においてWindowsタブレット・スマートフォンには優位性があります。これは多くの企業が社内システムとしてすでにWindowsを使用していることに起因しており、OSを変更せずに導入できるため、セキュリティや運用管理においてコストを最小限に抑制できるからです。既存資産を有効活用し、慣れ親しんだOSを使用できるというメリットは決して小さくはなく、Windowsタブレット・スマートフォンが選択される大きな要因だと言えるでしょう。
また昨年就任したサティア・ナデラ新CEOのオープンな方針も、Windowsタブレット・スマートフォンの普及を後押ししています。9インチ未満のデバイスメーカーにOSを無償提供することで、Windowsタブレット・スマートフォンがより身近なデバイスとなり、多くのユーザーの手元へ渡っています。

クラウドとの連携において、マイクロソフト製品が優位

そして何より、「モバイルファースト&クラウドファースト」を提唱するマイクロソフトの戦略が、ビジネスユースにおいてWindowsタブレット・スマートフォンに優位性をもたらしています。タブレット端末はクラウドサービスと連携して用いられることで、業務効率の向上をさらに加速させ、より多くのメリットを企業にもたらしますが、そのクラウドサービスの分野において、マイクロソフトは市場から高い評価を得ています。その理由としてまず挙げられるのは、汎用性の高さでしょう。多様なサービスを享受できる点から、多くの企業がマイクロソフトのクラウドサービスを支持しています。第二に、国内のデータセンターが約束する可用性。99%を超える可用性を保証し、条件を満たせなければ返金に応じるという姿勢に、多大な信頼が寄せられています。そして秘匿性と堅牢性です。驚くことにマイクロソフトは、いかなる機関にデータを開示するよう求められても、拒むことを公に表明しています。
タブレット端末としてマイクロソフトは後発組といえますが、それすらも逆手にとって強みに転じ、綿密なマーケティングによるニーズの把握をもとに製品開発が成され、より優れた製品を市場に提供しています。この夏にはWindows10のリリースも控えており、広く世間の耳目を集めていることは皆さまもご存知のことでしょう。今後もWindows製品から目が離せません。