Windowsタブレット・スマートフォンを活かすビジネスアプリ

タブレットPCを直感的に使いこなす!
スタート画面活用アプリのススメ!

タブレットPCを直感的に使いこなす!スタート画面活用アプリのススメ!

Windowsタブレット・スマートフォンの特徴の一つが、スタート画面に並ぶタイル表示。必要な情報を瞬時に入手したり、また利用頻度の高いアプリをすぐに使えたりというメリットがあります。今回は、このスタート画面に配置することで、Windowsタブレット・スマートフォンの利便性をさらに高められると評判のアプリを5つご紹介します!

1. メール、カレンダー、People

Windowsタブレット・スマートフォンに購入時から入っている可能性が高く、利用頻度の高いアプリです。「メール」と「カレンダー」は、MicrosoftやOutlook.com、Googleなど、複数のアカウントタイプに対応しています。トップ画面に表示させることで、着信件数やその日の予定などを瞬時に把握できて便利です。「People」はFacebook、Twitter、LinkedIn、Outlookなどとの連携が可能で、友人・知人の近況をすぐに把握できるので、コミュニケーションの円滑化に役立ちます。

Windowsストアへ

2. vingow

求めているニュースを自動収集し、さらに日本初の自動要約もしてくれるキュレーションアプリです。ニュース記事を探す手間を軽減できるのはもちろん、最大3文の要約文も付いているので読む時間も大幅に短縮できます。スタート画面にはフォローしているタグのニュースが一覧で表示されます。手早く情報収集することができ、スキマ時間の活用にもってこいのアプリではないでしょうか。

Windowsストアへ

3. Any3 Info for Office 365

Any3 Infoは、企業内ニュース共有アプリケーションで、共有したい情報や作業指示などを、Windowsタブレット・スマートフォンの画面上に見やすく表示できます。リアルタイムで更新される最新社内ニュースがスタート画面に通知され、最小限のタップ回数でアクセスが可能。アプリを起動することなく、多様な情報をスタート画面で確認でき、検索機能と併せて効率的な情報収集が可能になります。また未読のニュースのみを表示することができるので、重要な情報の確認漏れを未然に防げます。

Windowsストアへ

4. Windows サウンド レコーダー

タブレットのマイクを使用して音声をオーディオファイルとして記録できるアプリです。録音したデータは、再生、編集、共有することができます。会議の内容を残したいとき、確実にヒアリングした内容を記録したいときに便利なアプリです。スタート画面にタイル表示させることで、ワンタップでアプリにアクセスし、すぐさま録音が可能。また録音データは、他のアプリに簡単に送ることができます。

Windowsストアへ

5. メッセージタイル

スタート画面のひとつを、メモ代わりに使えるシンプルなアプリです。必ず目にするスタート画面に表示することで、確認漏れを予防することができます。

Windowsストアへ

スタート画面をカスタマイズすることで、無駄な操作も減り、業務がさらにはかどることでしょう。仕事内容に応じてアプリをインストールし、Windowsタブレット・スマートフォンを自在に使いこなしてしてください。